台湾住宅の特徴

住宅の特徴

  • 台湾(台中)の賃貸物件は、ほとんどが分譲の住宅になります。その為、同じマンションでもオーナーにより内装も賃貸条件も異なります。台湾(台中)での賃貸物件は少なくありませんが、ほとんどが最初から家具、家電が付属しており、完全に希望通りの内装で住宅を探すのは簡単ではありません。

住宅設備

  • 台湾(台中)の住宅は日本のように玄関スペースがある住宅が非常に少なく、ドアを開けるとすぐにリビングという内装が一般的。床材もフローリングは少なく、タイル、石材がほとんど、また浴槽がなくシャワーのみの住宅が多く、浴槽のある場合でも日本の浴槽とは違いユニットタイプ(洋式)が多い為、ゆっくり肩まで浸かれません。入居後の住宅管理は入居者の責任となります。

間取り

  • 台湾(台中)住宅は3LDKタイプが一般的で、1LDK,2LDKタイプの間取りは少なく、エリアによっては探すのが困難です。また3LDK以上の住宅はお風呂とトイレが2つ付いている住宅が多いのが特徴です。

広さ

  • お部屋の広さの表示は「坪」での表示が一般的。1坪の面積は日本と同じです。
    表示面積に関しては、お部屋、ベランダ、中庭、駐車場の面積が含まれます。従って実際に使用できるスペースは全体の7割程度となります。

床、壁材

  • 台湾(台中)は日本と比べ気温、湿度が高い為、タイルや石材を使用した床が多く、フローリングは多くありません。壁もコンクリートに直接塗装仕上げが殆どで、日本のように壁紙を貼った内装はあまり多くありません。

工アコン

  • 台湾(台中)は年間を通して気温が高い為、エアコンはかかせません。また台湾(台中)のエアコンは暖房機能のあるものが少なく、冷房しか使用できないのも特徴です。

Copyright 2007 SakuraHome Taiwan Co .Ltd  All right reserved.